はじめまして。広島結婚相談所まりまりっじ代表の佐々木真理子です。

数ある結婚相談所の中で、こちらまでお越しいただきありがとうございます。まず初めに『なぜ、佐々木真理子が結婚相談所を開設するに至ったか?』を綴りたいと思います。想いが熱すぎて少し長いですが、よろしければお付き合いくださいませ。

【なぜ、結婚相談所だったのか?】
私にとって起業する上で絶対条件がありました。それは、人の役に立つ、人を笑顔にする、社会貢献ができる。かつ、自分の経験や能力を活かし私自身がワクワクできる、ということでした。マナーインストラクターの資格があるため、講師業も考えましたが人前に立ち大勢の前で話をするのが大の苦手・・。しっかりと個別に向きあう仕事であることも条件にいれました。

そこで今までの公私を振り返った時、恋愛の辛かった幾多のこと、痛い思いをした婚活、そして(やっと)42歳で結婚できたこと、女の中でもがいていた自分自身の多くの失敗と成功体験が人のお役にたてるのでは..と思い至り、選択肢の中で結婚相談所に絞られていきました。そして、皆様ご存知のような未婚化や少子高齢化など今後深刻化していくであろう社会問題やニュースをあらためて調べ直し、この事業は社会貢献にもつながることを確信しました。

【私を突き動かしたのは・・】
しかし、一番私を突き動かしたのは、結婚やお付き合いにつながらない人は共通して、ご自分の「素敵」に気付いていない、ご自分ではその術がわからない等、弱点は強みに変えられる事に気付いていない!ということ。

その方たちにご自身の魅力に気付いてほしい!本当に結婚したい人の支援をしたい!ご自身の「素敵」に気付き自信をもってお相手探しをしてほしい!そして、自身の魅力に気付いていただくためのアイデアがどんどん溢れ、気づくとノートいっぱいに書き出していました。

私ができない部分はその道のプロと連携して、会員様のために皆がチームとなり協同する。私が得意とする仕事のスタイルです。そして、私がこれからワクワクしながら学ぶことも全て会員様に還元できるのではないか?いや、「したい!」と。こうして、私の中で明確な目的とミッションが見えました。

【佐々木真理子の仕事スタイル】
私は、病床稼働率90%以上、743床の高度急性期病院で医療ソーシャルワーカー(医療機関における医療と福祉の専門職)として約10年間勤務し2020年1月に退職しました。難病、脳血管疾患、がん、HIV/AIDS、精神疾患、ゴミ屋敷など、毎日、実に様々な患者様、ご家族を対応させていただきました。

病気になると、本人も周りの方も経済的にも心理的にも悩みや課題がたくさん出てきます。そうした方の相談にのり、よりよい社会生活を送れるように支援をさせていただきました。 医療ソーシャルワーカーの主な仕事は人と話すことです。とくに医療業界においては、相手の気持ちをしっかりと理解し、一つひとつのことに配慮した対応が求められます。

専門職として実践や研修で身につけたスキルは、短時間でわずかな変化も感じ取れる配慮、適切な言葉かけ、傾聴し的確に相手のニーズを把握する力、しっかりと自分の考えや方向性を提案する能力、判断力、決断力、さまざまな状況に対応できる気持ちや能力です。

【最後に】
私が実践してきたソーシャルワークを婚活にも取り入れ、皆様の成婚への道のりに寄り添ってまいります。

まずは、あなたとのご縁が繋がりますように。

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせお待ちしております。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【大好きな言葉】
自分が変われば相手も変わる
心が変われば態度も変わる
態度が変われば行動も変わる
行動が変われば習慣も変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

Profile

【同居人】
夫、愛猫2匹
【趣 味】
・マラソン(フル2回完走)トレイルランニング(神流レース40K完走)※現在は走ること休止中
・バイオリン
・海外一人旅
・ホラー映画1人鑑賞
・読書
・アニメ
【経 歴】
介護現場での相談員、医療機関において医療ソーシャルワーカーとして現場で約16年、延べ20,000人以上の相談対応。また、会社員として企業に5年勤務し、介護事業の新規事業担当として施設や介護サービス事業等の立ち上げに携わる。
【所有資格】
社会福祉士、精神保健福祉士、マナーOJTインストラクター、カラーカウンセラー、RYB数秘カウンセラー

PAGE TOP